デザイン住宅と言うとどんなイメージを浮かべますか?

「オシャレ」

「魅力的」

「デザイン性重視で機能的な部分は?」

など色々ではないでしょうか?

特に東京ではこういった一級建築士やデザイナーが考えた住宅が人気を集めております。

ですがデザイン住宅には明確な定義がないのです。

でも、ハウスメーカーに注文住宅を依頼するケースとは違いメリットがある場合が多いのです。

依頼者のマイホーへのこだわりや希望を取り入れながら、建築士がデザイン性はもちろん、住みやすさの両立させた家を設計することで実現するのがデザイン住宅です。

通常の注文住宅よりデザイン性が高く、オリジナリティの高い家をつくることができます。

人によって家へのこだわりはいろいろあり、素人目線ではデザイン重視となるとゴチャゴチャするだけで機能性は低くなってしまいがちですが、建築デザインの専門家がそれをまとめることで、コンセプトの統一がされ機能性も高い住宅にすることができるのです。

こういった住宅は東京郊外だけでなく、全国に広まっており人気を集めています。

一戸建てのマイホームを考えた際に、選択肢はいくつかあります。

建売住宅、注文住宅、デザイン住宅。

この3つに絞られるでしょう。

この中で建売住宅だけが、すでに外観や内装、間取りまで全て決まっているものになりますが、それ以外はご家族の希望で家を建てることができます。

中でも注文住宅よりもご家族の希望に合わせたデザイン性重視の家をつくることができるのがデザイン住宅で、特に東京の郊外で人気を集めています。

具体的には、外観や内装、設備やインテリア、そして空間構成に至るまで全体をひとつのデザインコンセプトをもって設計されます。

最大のメリットは、他と同じはないという点と、オリジナリティ高さを実現できるという点。

外観や全体のデザインや間取りはもちろん、使用する素材にまで1つ1つにオリジナリティあふれる家づくりができるのです。

デザインと言うとデザイン重視で機能的には?

という疑問点もありますが、最近では生活のしやすさや快適さも含めてトータル的に設計されています。

東京で人気のデザイン住宅はこちらを参照。

東京で理想のデザイン住宅を


Comments are closed.